奈良生駒・東京調布・岩手盛岡で真剣に体調を良くしたいと思いの方は当整体・かっさ治療院・酵素風呂へお任せください!

中医養生痧芸館

日本語English中文


酵素とバクテリア

http://kenkou-jouhou.com/biseibutsugaku/saikin-eiyou-taisya.html
より引用。

常在細菌叢
生体の体の表面や体内に定着した細菌の集まりのことを、常在細菌叢(正常細菌叢、常在微生物叢)という。 基本的には、常在細菌は宿主に対して危害を加えず、宿主と共生の状態になっている。常在細菌は、宿主が摂取した栄養や、宿主が排出するものなどを、自身の栄養源にしている。 また、常在細菌の中には、宿主に必要となるビタミンなどの栄養素をつくり、宿主に送るものも存在する。 常在細菌叢には、外部の微生物の侵入を食い止め、感染を防ぐ役割がある。 もし、常在細菌叢が、抗生物質の投与などによって減ったり死滅したりした場合、外部の微生物が体内に侵入しやすくなる。そして、体内に侵入した微生物によって、新しく感染症が引き起こされることがある。 どの細菌が、常在細菌として存在しているかは、その場所によって違う。たとえば、口腔内には嫌気性菌が常在細菌として存在している。また、皮膚にはブドウ球菌などが常在細菌として存在している。


http://kenkou-jouhou.com/biseibutsugaku/saikin-eiyou-taisya.html

同化作用、異化作用 細菌が生存し、増殖を行うためには、必要な栄養源を低分子の状態にして外部から取り込み、その栄養を酵素によって菌体の構成成分にする必要がある。この過程のことを、同化作用という。 同化作用を進めるためには、糖などの物質を分解する必要がある。こうした分解の作用のことを、異化作用という。




http://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9011/9011_tokushu_3.pdf#search='%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%88%86%E8%A3%82+%E9%85%B8%E7%B4%A0+%E8%8F%8C+%E6%B0%B4%E5%88%86+%E7%86%B1'

好熱菌の系統的位置づけ
好熱菌(thermophiles)は55qC以上で生育可能な微 生物の総称である.65qCでも生育可能なものを中等度 好熱菌(moderate thermophiles),75qC以上で生育でき るものを高度好熱菌(extreme thermophiles)という.

酵素とバクテリアの関係


食事誘発性熱産生 食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。この代謝の増加を食事誘発性熱産生(DIT: Diet Induced Thermogenesis)または特異動的作用(SDA: Specific Dynamic Action)といいます。 食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。食事をした後、身体が暖かくなるのはこの食事誘発性熱産生によるものです。
酵素と聞くと、ほとんど無条件に「消化酵素」と連想されると思います。が、しかし、酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりと、一切の生命活動に関与しています。もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。いわば、生命活動の主役であり、源です。

http://www.kenyo.net/koso/2.htm

代謝酵素の働き
①吸収された栄養をを体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする。(新陳代謝) ②毒素を汗や尿の中に排出する。 (有害物質の除去) ③体の悪い部分を修復し、病気を治す。(自然治癒力) ④免疫力を高める。 http://www.kenyo.net/koso/1.htm http://www.nissui.co.jp/academy/taste/13/
酵素は生命を持たない化学物質(特殊なタンパク質)ですが、他の物質に作用して分解したり合成したりする不思議な力を持っています。
この酵素を作り出すのが微生物です。
発酵に係わっている微生物は、カビ(モウルド)と酵母(イースト)と細菌(バクテリア)です(図表1参照)。

http://www.sports-japan.com/contents/dit.html
◆カロリーを摂取しながらカロリーを消費する?  食事でカロリーを消費する?  何だか不思議なイメージが沸くかもしれない。  普通は食事と言えばカロリーを摂取するものとしてしかとらえていない。  これは間違いではないのだが、ここで代謝の流れを一度確認してみよう。 1.食事  まず口から食品が取り込まれ栄養素が吸収される 2.分解  栄養素を分解する際に消化器系器官が活動し熱が発生する 3.代謝  熱代謝によってカロリーが消費される  食事誘発性熱産生の過程では、以上のような流れでカロリーが消費される。  食事を1回抜くということは、この1回分のカロリー消費を犠牲にすることを指すのである。  その為、しっくりこないかもしれないが、原理的には ※カロリーを摂取しながらカロリーを消費する活動=食事  と言えなくもない。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427186219

一方の酵素は、すべての生き物が作るもので、生き物が生きていくために必要なものを作ったり、いらないものを分解したりするために生産しています。
タンパク質の一種です。

たとえば、アミラーゼという「酵素」は唾液に含まれています。
これはデンプンを分解し、吸収しやすいグルコースという形に変える働きをします。
アミラーゼはカビも持っています。
パンに生えるカビはアミラーゼを出して、パンに含まれるデンプンをグルコースに変え、吸収し、それをエネルギーにして生きています。

リパーゼは、脂肪(トリグリセリド、貯蔵に適している)を分解し、脂肪酸(エネルギーとして利用しやすい)に変える酵素です。
私たちの体の中にはこのリパーゼが働いて、トリグリセリドを分解して脂肪酸を作り、エネルギーにしています。

油を栄養にする菌もいて、リパーゼを持っています。この細菌が作るリパーゼを、洗剤の中に配合したものがあります。


細胞の増殖は結局の処、これ等を司る酵素の発現により制御されている訳である。つまり、その制御の基本は、第6章に述べたような遺伝子の発現制御である。 7-1:DNAの複製  細菌の染色体は2重らせんの DNA (dsDNA) から成る。ほとんどの細菌では、この dsDNA は環状をなす。複製は或る一定の開始点から進行する。DNA(RNAも) の合成は 5' から 3' に進行するので、一方は連続的に合成が可能であるが、他方は、非連続的に進行せざるを得ない。そのような、非連続的 DNA 合成の結果 Okazaki fragment が出来る(図7-1-(1))。

http://jsv.umin.jp/microbiology/main_007.htm

http://www.awacho.co.jp/main/0501micro.htm  

微生物(microorganism)とは、一般に顕微鏡でなければ観察することのできない、大変小さな生物の総称で、酵母・かび・細菌などのほか、藻類・原生動物も含まれています。
この微生物は地球上のあらゆるところに生息し、土壌、水、植物、動物、人体、空中などどこにでもいます。  

我々醸造・発酵食品分野では古くから微生物を活用してきました。
しかし、17世紀に顕微鏡が開発されるまで、その姿を見ることはできませんでした。
その後多くの科学者によって次々と新たな菌体が発見され、現在も続いています。  

微生物には人間の生活に役立つ働きをするものとそうでないものがあります。
そのうち前者を有用微生物、後者を有害微生物と呼んでいます。
だだし、それらは使用目的や環境によって逆の立場になることもあります。

https://welq.jp/8359

Cdk1は共通のアミノ配列を持つタンパク質(基質)群をリン酸化し、染色体の凝縮や核膜の崩壊などの分裂期の諸現象を引き起こす。
細胞分裂の司令塔のような酵素で、約30年前に発見され、発見者らが2001年のノ-ベル生理学・医学賞を受賞した。
Cdk1が標的とする共通アミノ酸配列は、セリン(S)かスレオニン(T)にプロリン(P)が隣接した「S/T-P」という配列で、その配列でセリン(S)かスレオニン(T)をリン酸化するとされてきた。

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/01/20150126_01.html


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0

小さな細胞内では、その中で起こるさまざまな化学反応を担当する形で多くの種類の酵素がはたらいている。それぞれの酵素は自分の形に合った特定の原料化合物(基質)を外から取り込み、担当する化学反応を触媒し、生成物を外へと放出する。そして再び次の反応のために別の基質を取り込む。

ここで放出された生成物は、別の化学反応を担当する酵素の作用を受けて、さらに別の生体物質へと代謝されていく。その繰返しで酵素の触媒反応は進行し、生命活動が維持されていく。 酵素反応の活性化エネルギー[編集] 触媒の活性化エネルギー比較[19] 反応名 触媒/酵素† エネルギー値 (cal/mol)[20] H2O2の分解 (なし) 18,000 白金コロイド 11,000 カタラーゼ† Catalase; 肝) 5,000 ショ糖の加水分解 H+ 26,500 サッカラーゼ† (酵母) 11,500 カゼイン の加水分解 HCl aq. 20,000 キモトリプシン† (Trypsin) 12,000 酢酸エチルの 加水分解 H+ 13,200 リパーゼ† (Lipase; 膵) 4,200 一般に化学反応の進行する方向は化学ポテンシャルが小さくなる方向(エネルギーを消費する方向)に進行し、反応速度は反応の活性化エネルギーが高いか否かに大きく左右される(化学平衡や反応速度論を参照)。 酵素反応は触媒反応で、化学反応の一種なので、その性質は同様である。ただし、一般に触媒反応は化学反応の中でも活性化エネルギーが低いのが通常であるが、酵素反応の活性化エネルギーは特に低いものが多い

http://ocw.nagoya-u.jp/files/421/maeshima_lecture_handout.pdf#search='%E5%88%9D%E6%9C%9F%E9%9B%BB%E8%8D%B7%E5%88%86%E9%9B%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C+%E7%86%B1+%E9%85%B5%E7%B4%A0'

4. 酵素反応の速度に影響を与える要素 pH: 酵素の触媒部位のアミノ酸側鎖(カルボキシル基,アミノ基など)の解離状態が pH により異 なり,結合性,反応性に影響する。基質の電離状態に影響を与える場合もある。 温度: 温度上昇に依存して,大部分の化学反応速度は上昇する。酵素反応もその例外ではない。酵 素反応の活性化エネルギーは~310 kJ/mol。値が 0 であれば反応は温度に依存しない。活性化 エネルギーが高いほどより強く温度に依存する。活性化エネルギーが 50 kJ/mol の場合,温度 10℃ の上昇で反応速度が2倍になる。温度を 10 度変えたときの速度定数の比 を反応のQ10という。酵 素反応の Q10は 1.7~25 である。再現性のある反応速度測定を行うためには 0.1℃の精度で温度設 定をする必要がある。 基質濃度: 時間経過にともない基質濃度が減少する反応速度は小さくなる。生体の中では基質度は 必ずしも一定ではない。つまり,基質が多いときには活発に反応を進め,基質がないときには酵 素は作動しない。反応キネティクスを後述。 金属: 酵素の中には機能の発現に金属を必要とするものが少なくない。こうした金属酵素の場合は, 溶液中に金属が含まれている必要がある。DNA ポリメラーゼやアルコールデヒドロゲナーゼは亜鉛 を必要とする。 共存物質: 反応を促進あるいは阻害する物質,あるいは緩衝液や生体中のイオン強度も速度に影響 する。例えば,高濃度の塩は,基質と酵素の相互作用,あるいは酵素そのものの構造を変えるこ とで酵素機能が低下する場合がある。また,反応生成物の蓄積は前進反応を抑制する。 温泉の熱いお湯の中にも、「好熱性細菌」と呼ばれる細菌類が生存している事はご存知と思いますが、stapsの酵素風呂では「中度好熱菌による発酵」が行われております。 この好熱発酵微生物の出す「タンパク質分解酵素」、「脂肪分解酵素」などの秘密兵器があるからこそ、皮膚の新陳代謝は予想以上にスムーズに行われるのではないかと考えられます。

http://kooso.co.jp/ion-o-kouka02.html

身体の芯からパワー・・・」 <生命エネルギーのシャワーを浴びる>
一切の熱源を使わず、醗酵熱だけで成り立っている温浴法ですから、ちょっと事情が違います。 生命活動に伴うエネルギーについては、いまだ解明されてはいませんが、磁力線・光・遠赤外線など、複雑に種々様々なエネルギーの形態を含んでいる事はすでに解っています。よってこのイオンハウスは、醗酵に伴う熱エネルギーの他に、生命活動によるところのこれらの種々様々な形態のエネルギーをおそらく放出していると考えられます。 化石燃料や電気による熱エネルギーなども、熱エネルギーを伝える素材によってはいろいろとエネルギー形態に変化を起こさせますが、生命活動ほど複雑で豊かではありません。例えば、セラミックなどでは、波長の長い遠赤外線などを発生させますが、イオンハウスのなかは、木屑の他にもいろいろな素材があり、微生物自身も様々な素材でてきています。また、微生物が発生する生命エネルギーで、あれだけのオガクズ量を高温にし、しかも長期に渡って維持しているのですから、すでに事情はまったく違い、言わば特殊なエネルギーの"場"というものを創り出している訳です。  もう少し言い方を変えてみましょう。  微生物といえども我々人間と同じ生命構造上の仕組みを有しており、いわゆる人間でいうところの「生気」をもっています。 それが話題にのぼる事の多くなった「気」という人間の持っている総合的生命エネルギーと同じ性質のものか、もしくは、一脈通じるものであるという事ができると思われます。イオンハウスに入ると、その「気」のシャワーの場のなかに身を投じる事になるのではないでしょうか......。  遠赤外線や磁力線やなどが放出されているとしたら、それこそ体の深部から温まってきます。そして、深部から発汗作用が促されてきますので、とても効率の良い全身温浴法といえます。

中医養生痧芸館のご案内

住      所:

〒6300213 奈良県生駒市東生駒4丁目501-35。
東生駒駅下車。東生駒4丁目バス停より100m。

アクセス:

東生駒4丁目バス停から徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
1376-424-1431
営業時間:
9:00~21:00(20時最終受付)
休業日:

不定休
(詳しくはお知らせをご覧下さい。)

メールでのお問い合わせ


奈良生駒・東京調布・岩手滝沢の整体・かっさ・酵素風呂なら 中医養生痧芸館 ムチ打ち(むち打ち)の整体治療  整体と施術費用 顎関節症 生駒市におけるめまい 生駒市でのダイエット・シェイプアップ 生駒市における坐骨神経痛 生駒市での椎間板ヘルニア 生駒市での頚椎ヘルニア  生駒市での骨盤矯正 生駒市での股関節調整 生駒市でのぎっくり腰 生駒市での肩こり 生駒市での頭痛・偏頭痛 生駒市での腰痛 生駒市での四十肩 五十肩 産後骨盤矯正 酵素風呂とは 酵素風呂と費用 人体における酵素の役割 入酵手順 好転反応 酵素風呂Q&A 酵素風呂の効果 酵素風呂、酵素、善玉菌(微生物)、人体の免疫の関係 微生物発酵熱温浴(酵素風呂)料金 酵素とバクテリア ご自宅用酵素風呂セット、お肌つるつる糠パックの販売 シングルマザー、子持ちの女性を応援するNPO活動法人日本かっさ協会 マーケティングおよびかっさ技術支援 中医刮痧師による東京調布駅前店プロフェッショナルボディかっさ(スクール)講座講習 資格取得コース 開業支援、マーケティング、経営講座 中医刮痧師によるフェイシャルかっさプロフェッショナル養成講座講習(スクール) 資格取得コース 中医刮痧師による生駒市店プロフェッショナルボディかっさ講座講習(スクール) 資格取得コース 中医刮痧師によるセルフかっさ講座講習(スクール) かっさ師になりたい方へ 中医養生痧芸館のかっさ講座(スクール)が選ばれる理由 中医刮痧師によるかっさプロフェッショナル養成講座講習(スクール)Q&A  中医刮痧師範高級保健刮痧師養成講座講習かっさスクール受講生の進路 篠塚明日香先生 井上由子様 林留以様 30代 教員 勝又景子様 30代 主婦 F.Y様 会社員 30代 プロ初級保健刮痧師養成講座受講 篠塚明日香様  酵素風呂と費用 整体と施術費用 かっさと施術費 かっさフェイシャルと施術費用 クラニアル治療 リフトアップセラピー 調布駅前店トップページ1 かっさサロン・かっさ治療院の選び方 岩手滝沢店へのアクセス かっさ師募集 中医養生痧芸館企業理念 クレジットカードでのお支払い お陰様で開院5周年 英文翻訳者募集 生駒市店へのアクセス 店長挨拶 Q and A 生駒市での整体取材 コンシェルジュ生駒市 2015年1月号 Beauty Express かっさ取材 Conciege生駒市2014年1月号Beauty Express i love 生駒市のTV撮影現場になりました NEWS LETTER 2017年8月号 NEWS LETTER 2017年7月号 NEWS LETTER 2017年6月号 NEWS LETTER 2017年5月号 NEWS LETTER 2017年4月号 NEWS LETTER 2017年2月号 NEWS LETTER 2017年1月号 NEWS LETTER 2016年11月号 NEWS LETTER 2016年12月号 NEWS LETTER 2016年9月号 NEWS LETTER 2016年10月号 NEWS LETTER 2016年9月号 NEWS LETTER 2016年8月号 痧芸館通信2016年7月号 痧芸館通信2016年6月号 NEWS LETTER2016年5月号 NEWS LETTER2016年4月号 NEWS LETTER2016年3月号 痧芸館通信2016年2月号 NEWS LETTER2016年1月号 痧芸館通信2015年12月号 痧芸館通信2015年11月号 NEWS LETTER2015年9月号 むくみと冷えの関係について 肝臓と血の巡り 血虚と冷えの関係について お客様の声 かっさで治りやすい症状 施術・症状・かっさスクール講座講習日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ