奈良生駒・東京調布・岩手盛岡で真剣に体調を良くしたいと思いの方は当整体・かっさ治療院・酵素風呂へお任せください!

中医養生痧芸館

日本語English中文


生駒市での腰痛

あなたはどのタイプの腰痛?

 
1.おなかがガチガチに固まっている
内臓の弾性が失われると、腰部膀胱経に硬さが現れます。
腰椎から掌幅1つ分外側にゴリゴリの塊ができます。
 
個人でできることとしては、うつ伏せになり、おなかと床の間にソフトボールを入れ、リラックスします。
体の重みでおなかが押され、内臓がゆるみます。
内臓がゆるむと腰部膀胱経が柔らかくなり、痛みがなくなります。

睡眠、食事のリズムを一定にし、暴飲暴食を避けましょう。
それでも内臓の調子が悪い方は整体で内臓を緩め、かっさで内臓の調整を行います。

2.反復した動き・立ち仕事
立ち仕事や座りっぱなしの仕事など同じ姿勢を長時間続ける仕事は筋肉が疲労してしまい、クッションの役目を果たす椎間板にも負担がかかり、腰痛が起こりやすくなります。

また、反復して同じ動作を繰り返す労働や動きは労損を引き起こします。 
労損(strain)とは,過度の負荷により引き起こされた筋肉或いは靭帯的慢性、機械性損傷のことです。
 
肉体労働をしている訳ではないからと油断をしていると、最終的には腰痛として症状が表れますので注意が必要です。
整体で筋肉・神経を緩め、血行を良くして患部が血で修復させる働きを促します。
 
3.長時間座りっ放し
一見座っている方が楽に見えますが、座りっ放しの体勢は立ちっ放しよりも更に椎間板にかかる負担が大きくなりますので、腰痛を起こしやすい体勢の一つと言えます。
 
現にタクシードライバーなどに腰痛持ちが多いです。
長時間座りっぱなしでいることは腰痛を引き起こしやすいと言えます。
 
デスクワークや工場での作業など、同じ姿勢で座り続けることも腰痛を引き起こしやすいと言えます。
デスクに向って座って仕事をしているだけですので、肉体労働や運動のように筋肉を使っているという自覚はないかと思います。

大きな筋力こそ必要とはしませんが、座っていても実は筋肉を使っているのです。
 
いくら姿勢よく座っていても、同じ姿勢を長時間続けると言うことは、特定の筋肉や骨格に継続的に負荷がかかると言うことです。
 
本来椎間板などで負荷を軽減しようとする働きが体にはありますが、継続的に負荷がかかるとそのバランスが崩れてしまいます。

その状態が継続されることで負荷がかかっている筋肉は固まってしまい、負荷軽減の起こっている筋肉は硬化がさほど進まず、筋肉の硬さのアンバランスさを引き起こします。
 
できるだけ休憩時に歩く、フライト時にこまめにトイレに行く、車での移動時も休憩をこまめに取ることが大事です。
 
整体で筋肉・神経を緩め、血行を良くして患部が血で修復させる働きを促します。
浮腫みがある場合はかっさ・カッピング・お灸も併用します。

4.同じ姿勢の継続
主婦業も蓄積型の腰痛になりやすい労働の一つと言えます。
料理、アイロンがけ、掃除、洗濯などで前傾姿勢を継続してとることが多いため、腰に負荷がかかってしまいます。
 
5.柔らかいソファーや椅子に長時間座る
柔らかいものに座ると、沈みこまないよう足腰の筋肉で支えようとします。
過度に柔らかい椅子やソファーは避けましょう。
 
6.育児
抱っこひもにリュックという姿で歩いているお母さんを見かけます。
dakko.jpg
抱っこひもを使いますと、膝が曲がり、腰を曲げ、猫背になって肩が内側に入ります。

逆に言うと、この姿勢を取らないと抱っこひもでお子さんを抱えることはできません。
抱っこひもの使用・抱っこは長時間に及ぶと腰の負担が大きくなります。

ベビーカーも高さが合っていないと前かがみになります。
お母さんに高さがあったものを選びたいものです。
 
7.テニス・ゴルフ
左右非対称の運動を長期にわたって続けると腰痛になりやすいです。
golf1.jpg
骨盤のゆがみも見られる場合が多いです。
骨盤周りを緩めたのち、矯正をかけて骨盤ごと整えます。
 
8.椎間狭窄症
腰椎周りの筋肉が縮まり、収縮した筋肉が腰椎を引っ張ります。
引っ張られることにより椎間が狭くなりますと、椎間から出ている神経が圧迫され、痛みを感じます。

椎間を広くするためには、脊髄の両側を緩める技術が必要になります。
緩めば椎間の幅が広くなり、神経の圧迫がなくなります。
 
私たちの体は、脊椎が柱となり姿勢を維持しています。
背骨が家の大黒柱のような役割を担っています。

この脊椎に沢山の骨が接続され、骨格を構成しています。
脊椎は24個の椎骨で構成され、その間に椎間板と呼ばれる衝撃を吸収する緩衝材の役割をする軟組織があります。

通常は椎間板がクッションの役割を果たしているおかげで衝撃が緩和されますが、度重なる負荷を吸収できない場合は腰痛が引き起こされます。

9.寒湿タイプ
腰部が冷たく、痛み、重い。ひねりにくく、ひねるほど痛みがひどくなる。安静にしていても痛みが引かない。寒冷、雨の日にひどくなる。舌が淡く、白く粘っこい。
youtsu.jpg
寒邪・湿邪をかっさとカッピングで取り除きます。
 
10.湿熱タイプ
腰部が疼痛、患部が熱っぽい。足と膝が疼痛無力、熱い、あるいは雨の日に痛みが増す。活動後軽減される。体が重く、小便が短く赤い。苔が黄色く粘っこい、脉濡数或いは弦数。+陽陵泉、+合谷
熱・湿邪をかっさとカッピングで取り除きます。
 
11.瘀血タイプ
針で刺すような痛み。痛みは同じところで移動しない。痛みのあるところ押されるのを拒む。夜にひどくなる。軽い場合は横になるのがしんどく、ひどくなると寝返りを打てない。舌が紫で暗い、あるいは瘀斑がある。

肝臓を整え、気と血が流れるようにかっさとカッピングで調整します。
 
12.腎虚
腰部がジンジン痛む(重い)。力が入りにくい、温めることを好む。押されることを好む。過労でひどくなる。寝ると軽減する。なかなか治癒しない。
 
陰が足りないタイプ:心煩不眠、口、喉が渇く。顔色が赤く、手足の芯が熱い。舌が赤く苔が少ない。
陽が足りないタイプ:下痢。顔が白い。四肢が冷たく寒がる。舌の色が淡い。

腎臓を刮痧とカッピングで調整。腎臓を補うための薬膳指導も行います。
お灸を併せることもあります。
 
13.月経・排卵
排卵期、月経前、月経中に腰痛が起きる場合があります。
婦人科、腎臓の調整を刮痧とカッピングで行い、月経周期の影響を受けないよう調整します。
 
 
 

施術後の変化

kadouhanni.jpg

中医養生痧芸館のご案内

住      所:

〒6300213 奈良県生駒市東生駒4丁目501-35。
東生駒駅下車。東生駒4丁目バス停より100m。

アクセス:

東生駒4丁目バス停から徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
1376-424-1431
営業時間:
9:00~21:00(20時最終受付)
休業日:

不定休
(詳しくはお知らせをご覧下さい。)

メールでのお問い合わせ


奈良生駒・東京調布・岩手滝沢の整体・かっさ・酵素風呂なら 中医養生痧芸館 ムチ打ち(むち打ち)の整体治療  整体と施術費用 顎関節症 生駒市におけるめまい 生駒市でのダイエット・シェイプアップ 生駒市における坐骨神経痛 生駒市での椎間板ヘルニア 生駒市での頚椎ヘルニア  生駒市での骨盤矯正 生駒市での股関節調整 生駒市でのぎっくり腰 生駒市での肩こり 生駒市での頭痛・偏頭痛 生駒市での腰痛 生駒市での四十肩 五十肩 産後骨盤矯正 酵素風呂とは 酵素風呂と費用 人体における酵素の役割 入酵手順 好転反応 酵素風呂Q&A 酵素風呂の効果 酵素風呂、酵素、善玉菌(微生物)、人体の免疫の関係 微生物発酵熱温浴(酵素風呂)料金 酵素とバクテリア ご自宅用酵素風呂セット、お肌つるつる糠パックの販売 シングルマザー、子持ちの女性を応援するNPO活動法人日本かっさ協会 マーケティングおよびかっさ技術支援 中医刮痧師による東京調布駅前店プロフェッショナルボディかっさ(スクール)講座講習 資格取得コース 開業支援、マーケティング、経営講座 中医刮痧師によるフェイシャルかっさプロフェッショナル養成講座講習(スクール) 資格取得コース 中医刮痧師による生駒市店プロフェッショナルボディかっさ講座講習(スクール) 資格取得コース 中医刮痧師によるセルフかっさ講座講習(スクール) かっさ師になりたい方へ 中医養生痧芸館のかっさ講座(スクール)が選ばれる理由 中医刮痧師によるかっさプロフェッショナル養成講座講習(スクール)Q&A  中医刮痧師範高級保健刮痧師養成講座講習かっさスクール受講生の進路 篠塚明日香先生 井上由子様 林留以様 30代 教員 勝又景子様 30代 主婦 F.Y様 会社員 30代 プロ初級保健刮痧師養成講座受講 篠塚明日香様  酵素風呂と費用 整体と施術費用 かっさと施術費 かっさフェイシャルと施術費用 クラニアル治療 リフトアップセラピー 調布駅前店トップページ1 かっさサロン・かっさ治療院の選び方 岩手滝沢店へのアクセス かっさ師募集 中医養生痧芸館企業理念 クレジットカードでのお支払い お陰様で開院5周年 英文翻訳者募集 生駒市店へのアクセス 店長挨拶 Q and A 生駒市での整体取材 コンシェルジュ生駒市 2015年1月号 Beauty Express かっさ取材 Conciege生駒市2014年1月号Beauty Express i love 生駒市のTV撮影現場になりました NEWS LETTER 2017年8月号 NEWS LETTER 2017年7月号 NEWS LETTER 2017年6月号 NEWS LETTER 2017年5月号 NEWS LETTER 2017年4月号 NEWS LETTER 2017年2月号 NEWS LETTER 2017年1月号 NEWS LETTER 2016年11月号 NEWS LETTER 2016年12月号 NEWS LETTER 2016年9月号 NEWS LETTER 2016年10月号 NEWS LETTER 2016年9月号 NEWS LETTER 2016年8月号 痧芸館通信2016年7月号 痧芸館通信2016年6月号 NEWS LETTER2016年5月号 NEWS LETTER2016年4月号 NEWS LETTER2016年3月号 痧芸館通信2016年2月号 NEWS LETTER2016年1月号 痧芸館通信2015年12月号 痧芸館通信2015年11月号 NEWS LETTER2015年9月号 むくみと冷えの関係について 肝臓と血の巡り 血虚と冷えの関係について お客様の声 かっさで治りやすい症状 施術・症状・かっさスクール講座講習日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ